要注意!過払い金の請求ができるのはキャッシング枠のみ

要注意!過払い金の請求ができるのはキャッシング枠のみ

3088view

2018.07.05

クレジットカードの過払い金請求は、キャッシング枠限定

ショッピング枠では過払い金の請求はできない

貸金業者からだけではなく、クレジットカード会社相手に過払い金を請求しようと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、貸金業者からの借金とは違って注意しなければならない点がありますので、しっかりとチェックしておくようにしましょう。

ご存知の通りクレジットカードには、買い物をしたときにカード会社が事前に代金を支払ってくれるショッピング枠と、お金を借りることができるキャッシング枠の2種類が存在します。

利息制限法を超える金利(いわゆる「グレーゾーン金利」)を適用していたカード会社のカードでキャッシング枠及びショッピング枠を利用している場合、分割払いでもリボ払いでも過払い金が発生している可能性はあるので、請求の余地ありです。

しかし、過払い金を請求することができるのは「キャッシング枠のみ」ということを頭に入れておかなければなりません。ショッピング枠しか利用していない場合、過払い金の請求はできないので注意しておきましょう。

ショッピング枠の返済が終わっていない場合も請求はNG

次に気を付けなければならないのは、キャッシング枠とショッピング枠を双方とも利用していた場合です。「キャッシング枠だけ請求すればいいんでしょ」と安易に考えてショッピング枠の返済が終わらぬまま過払い金の請求を行うと、「ショッピング枠の返還請求を行った」と見なされてしまします。

そのため、ショッピング枠を利用していた人は必ず利用した分を全額返済しているのか確認してから請求を行うようにしましょう。

返還後はクレジットカードが解約になる

その他の注意点としては、過払い金の請求を行ったカード会社のクレジットカードは全て解約になることです。もちろん、系列会社のクレジットカードであっても解約になってしまいますので、その点についても注意しておかなければなりません。

過払い金請求を考えているクレジットカードがある場合は、事前に他社のクレジットカードを作成してから請求する方がいいでしょう。また、そのクレジットカードで月額決済を請求しているなら、別のクレジットカードで行うように事前に切り替えをしなければなりません。

なぜショッピング枠の過払い金請求はできないのか

ショッピング枠の利用は借金ではない

ここまではクレジットカードで発生した過払い金を請求できるのはキャッシング枠のみということを説明しましたが、「なぜショッピング枠の過払い金を請求することができないのか」と疑問に感じた人も多いのではないでしょうか。これには、法律上の問題が大きく関わってきます。

キャッシング枠の場合は単純にカード会社からお金を借りるものなので、法律上は借金として扱われます。つまり、キャッシング枠で過払いがあった場合は、「借金の過払い金」と判断されて請求することが可能です。

一方、ショッピング枠は買い物時に事前にカード会社に支払ってもらう形のため、借金ではなく立替えと判断されます。このため、「借金の過払い金ではない」とされ、過払い金の請求には当たらないということになるのです。

とても細かいポイントではあるものの、法律によってどう判断されるか、ということはとても重大な問題になります。

ショッピング枠の過払い金請求は「任意整理」

それでは、「とにかくお金が欲しいからショッピング枠の過払い金を請求した」、とか「完済したと勘違いして、ショッピング枠の返済が済まないままキャッシング枠の過払い金の請求をしてしまった」といった事例の場合はどうなるのでしょうか。

実は、ショッピング枠に過払い金がある場合の請求や、ショッピング枠の返済が終わってない状態でキャッシング枠の過払い金請求をして返還を求めること自体はできます。キャッシング枠の請求は「過払い金の返還請求」とされる一方で、ショッピング枠では「任意整理」とされますが、ショッピング枠で生じた払いすぎたお金を取り戻すことが可能です。

ただ、「任意整理」には決して小さくないリスクが伴いますので、「法律上の名前が違うだけでショッピング枠でも請求できる」と安易に考えてはいけません。次項では、ショッピング枠の過払い金を請求した場合のリスクについて説明します。

ショッピング枠の過払い金を請求した場合は、どうなるのか

任意整理の記録は、信用情報機関に載ってしまう

ショッピング枠の過払い金を請求した場合に見なされる任意整理は、信用情報機関に手続きを行ったことを記録されてしまいます。信用情報機関に情報が載ってしまうことをよく「ブラックリストに載る」などといわれますが、ショッピング枠の過払い金請求は、このようなリスクが伴うことを頭に入れておかなければなりません。

信用情報機関に載ってしまった場合の問題とは

任意整理の手続きを行った記録は、信用情報機関の一つである株式会社日本信用情報機構(JICC)に5年程残るとされています。その間はクレジットカードの作成ができなくなったり、借り入れができなくなったりといった問題が起こりますので、場合によっては生活が行き詰ってしまう可能性があります。

もちろん、これ以外にも信用情報機関に記録が載ったことによる弊害が生まれる可能性もあるので、できれば任意整理を行わない方がいいのはいうまでもありません。

現状で首が回らない状況下にあり、少しでも借金を減らしたいという場合に請求を行うならともかく、特に苦しい生活を送っていないのにショッピング枠の過払い金請求(任意整理)は避けるべきです。

キャッシング枠の請求でも安心してはいけない

「キャッシング枠のみの過払い金請求でもブラックリストに載るのではないか」という不安を抱えている人も中にはいますが、それはありませんのでその点は心配する必要がありません。しかし、キャッシング枠を利用している状況(カード会社に借金をしている状態)で請求をする場合は、注意すべき問題が一つあります。

それは、「過払い金が返還された時にキャッシング枠での借金を完済できるのか」という点で、完済できない場合はキャッシング枠の請求でも任意整理になってしまうのです。「安心しすぎて請求したら任意整理だった」ということにならないように事前にしっかりと確認しておきましょう。

クレジットカードにおける過払い金の請求は、リスクをよく考えて

今回は「クレジットカードで発生した過払い金を請求できるのは、キャッシング枠のみ」という話題を中心に説明しましたが、それ以外にも請求する上でのリスクがあることを分かっていただけたと思います。

請求すること自体は正当な権利ですから全く問題ありませんが、「リスクを考慮せず請求を行った結果、結局損をしてしまった」ということにならないようにしなければなりません。クレジットカードの過払い金を請求する前に、実際に請求を行った場合に起こるリスクと取り戻せるお金を比較したうえで、請求するか決断するようにしましょう。

クレジットカードに限らず過払い金の請求は、認定司法書士や弁護士の方に依頼して請求する場合がほとんどです。過払い金の請求に関しては専門としている司法書士や弁護士の方もいますので、クレジットカードでの過払い金請求を考えている場合は、よく相談をすることをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る